転職する際のハローワークの利用法を紹介します

転職をされる際にネットなどを利用して職を探す方も多いと思います。ですが、今回は「ハローワークの利用法」を紹介していきます。ちなみに最近ではハローワークの求人もネットで見れるようになっています。

まずは登録を行います

ネットの転職サイトと同じように会社の求人情報などは登録しなくても見ることができます。ですが、気に入った求人に対しての応募は登録をした後にしか応募はできません。

パソコンで検索してから気に入った会社が見つかってその後登録をして紹介してもらうと思っている方も多いのですが登録自体にも時間が結構かかります。そして応募したいと思っているのもあなただけではありません。より良い会社になるとやはり多くの方が応募をしていきます。

パソコンで検索した内容はもちろん新しいデータですが最新なものではないです。応募を1日後回しにするだけで定員に達して応募すらできなくなってしまうことがあります。転職を決めたらまずはしっかりと登録を済ませいつでも応募できるような姿勢にしておくことが大切です。

仕事を紹介してもらいます

基本的な流れは、ハローワークに出向き置いているパソコンで検索をして気に入った会社に応募するといった流れになります。場所によって異なると思いますがパソコンの台数が限られているので検索するまでに待たされることもあります。

また応募する為にはハローワークの職員の方と色々と話をしながらになるのでさらに時間がかかります。平日しか空いていないところが多いと思いますがお昼過ぎになるとどこも混雑します。できる限り早めの時間帯から行動するようにしてください。

尚、最近では自宅のパソコンからでも同じ求人を閲覧することができます。その為にはハローワークへの登録が必要になります。あと、応募に関してはネット上ではなくハローワークの窓口になるのでご注意ください。

職業訓練を活用します

ハローワークは仕事の紹介だけではありません。「職業訓練」という形でいろいろな勉強も教えていただけます。種類も様々で即業務に活かすことができるような資格ばかりを扱ってくれています。

また「職業訓練手当」として月額何円か支給していただける制度もあります。勉強をさせてもらいつつ生活費もある程度確保できるといった状況です。職業訓練の内容に関しては場所により異なると思うので確認してみてください。

最後に私のハローワークを利用した上で一番良かった点を紹介します

前職を辞めたあとなかなか今までの同僚や大学の友人と会って話すのが億劫な時期がありました。会社を辞めてしまった後ろめたさのようなものを感じていたのかもしれません。

気持ち的に沈んでしまった時期もあったのですがハローワークに行きはじめると同じような境遇の方も居て何か「自分も頑張らないと」という気持ちが出てきました。また、ハローワークの職員の方も色々と話を聞いてくださるのですごく気分が楽になりました。

おすすめの転職エージェントランキングはこちら